総量規制対象外 カードローン

総量規制対象外のおすすめ銀行カードローン一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ!借金エピソード

リボ払いの落とし穴

初めてクレジットカードを作ったのは3年半前の事。
友人に便利だと勧められたのがきっかけで、その頃ちょうど仕事でも出張等が多くなり経費の精算にも都合が良いと思ってでした。

 

それまで現金主義だった私には、クレジットカードでの買い物は不安で、ほとんど私用には使っていませんでした。
しかしカードを持って1年ほどたった頃に、手持ちの現金がなくATMに行くのも面倒だと私用の買い物にカードを使用しました。
1度使うと便利さもあり現金主義から一転カード主義になった私でしたが、カードは怖いというイメージを持っていたこともあってカードでの買い物の金額の上限を自分の中で決めてそれ以外は現金を使うと決めていました。

 

そんななか、友人の結婚式が重なったり車の修理などの出費がかさみ、つい足りない分をカードで補ってしまいました。
そうすると翌月に支払が回り、その分の足りない分をまたカードで補うといった状態に。
困ったことに現金主義だったころは今月は厳しいから節約しようと思っていたところを、カードが使えるとなると抑制せずにカードで支払いをしてしまう癖がついてしまっていました。
それでもそのころはまだ、ひと月節約すれば十分カードが無くて良い範囲だったのですが・・・。

 

友人からの「リボ払いが便利で安心」の誘いに乗ったのが間違いでした。
確かにリボルディングの支払いは月々の支払いが一定で、無理なく支払いができます・・・表面上は。
もしかすると上手に使える方にとっては便利で安全なシステムなのかもしれません。
しかし私にとっては、とんだ落とし穴でした。

 

まずは安心感からと、月々の一定で低価格の支払いで金銭感覚が鈍ります。
そして決して安いとは思えない利息。
使った金額分以上に支払をしなければなりません。

 

それに気が付いた時には結構な金額でした。
私はまずカードの使用をやめ、リボ払いの一定額の支払いを続けつつ、4ヶ月間で返済額を貯めてからリボ払いから一括支払いに変更して返済を済ませました。
一括での支払いにせずリボ払いを続けたら、利息だけで馬鹿にならない金額だったからです。

 

それからは上手にカードを使っている職場の先輩の話などを参考にしつつクレジットカードについての知識をつけました。
カードローン借り換え一本化というサイトも参考しました。
今では基本現金主義に戻り、用途に合わせてカードを使用しています。

 

クレジットカードは便利でお得な道具ですが、収入の許容範囲を超えて使用すると立派な借金になってしまいます。
銀行カードローンなども便利ですが、計画性が必要なのは同じです。
特にリボ払いにはご用心です。
一連の出来事があって、私は二度とリボ払いは使用しないと心に誓いました。

総量規制はなくなるかも

いろいろと物議をかもした改正貸金業法ですが、もしかしたら総量規制はなくなるかもしれません。
この規制により、本来は助かるべき人が助からず、闇金に手を染めるといった事態が深刻に懸念されているからです。
国会議員によりワークチームもすでに何度も会合を重ね、廃止に向けた方向で調整にはいっていると新聞報道でもありますから、そう長くは続かないでしょうね。
しかし、必要性があって定められた規制ですからその必要性をどのような形で担保していくのかが非常に重要になってきます。

ヤクルトのバレンティン選手が日本のシーズン最多本塁打を更新しましたね。

ずっと破られなかった王貞治選手の大記録、

日本人も皆お祝いムードで、なんだか嬉しいですよね。

毎日どきどきしながらその記録達成を待っていた方も多いでしょう。

普段野球をあまり見ない私でさえ、記録が近づいてからは毎日気になっていました。

 

野球といえば、王・長嶋。

その王選手の記録を更新ですから、内心複雑な方もいるのかなと思っていましたが、

野球場全体が祝福に沸いていて、ほっとしました。

実際に目の前でその瞬間に立ち会えた人は幸せでしょうね。

 

この選手、カリブ海に浮かぶ、オランダ領の小さな島、キュラソー島の出身だそうです。

初めて聞きましたが、国名ではないそうです。

日本の種子島ほどの大きさみたいですよ。

そんな小さい島から、英雄が出たわけですからね。

パレードも考えられていて、国民栄誉賞も検討されているようです。

まあ、当然ですよね。

きっと実現することでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2013/09/17 16:14:17 ブログ
金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.6%〜14.6% 最短即日 不要 なし 10万〜500万
学生10万円
主婦30万円

 

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンは、日本を代表する大手銀行のカードローンということもあり知名度は高く注目度も高いカードローンの一つです。

 

最大の特徴は4.6%からという低金利。少しでも金利を低く抑えたい方には非常に魅力的な数字となっています。

 

入会金や年会費は全て無料で、現在三菱東京UFJの口座を持っていなくても申し込みが可能なため新たに口座を開いたりする必要がありません。

 

忙しくて時間のない方にはインターネットからいつでもどこでも申し込みが可能です。

ATMにあるテレビ窓口を利用すれば即日融資も可能なため、ATMに出向く時間のある方にはこちらがお勧めです。

 

取引明細はインターネットで確認が可能なため、いつでも把握することができ安心です。

限度額は最高500万ですが、1000円単位での借り入れが可能なためキャッシュカードと同じように必要な分だけを利用することができ非常に安心感があります。

続きを読む≫ 2012/05/20 22:17:20
金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.5%〜10.0% 迅速 不要 なし 10万〜700万

 

 

 

住信SBIネット銀行カードの特徴は、とにかく低金利だということです。

商品はスタンダードコースとプレミアムコースに分かれており、それぞれ金利が異なります。

スタンダードコースは最高限度額が100万円で、限度額にかかわりなく金利は一律14.8%になります。

プレミアムコースは最高限度額が700万円となり、金利は限度額によって3.5%〜10.0%となり、限度額が大きくなればなるほど金利が下がります。

 

その上、はじめて利用する方には最大で2カ月分実質無利息という特典がついています。

返済の計画や利用に慣れるまで、無利息と言うのは非常にうれしいサービスです。

 

申し込みはインターネットから出来るため、自分の空いた時間に24時間いつでも可能なため店舗に出向く手間も省けて便利です。

その他にも条件を満たしていれば金利が下がるサービスがあります。

SBI証券口座を持っていて登録済みの方、SBIで住宅ローンを組んでいる方は基準金利よりも低い金利で利用することが可能です。

 

 

続きを読む≫ 2012/05/20 22:17:20
じぶん銀行申込み 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.9%〜17.5% 最短即日 不要 なし 500万
学生10万円
主婦30万円

 

 

 

最近目にすることが多くなった『じぶん銀行』ですが、この銀行はauと三菱東京UFJ銀行が合同で作った銀行です。

スマートフォンの普及が増えたことに合わせ利用者も増えているようです。

その銀行がつくった『じぶん銀行カードローン』の最大の特徴は、ネット経由の利用が前提だということです。

窓口に出向く手間は省け、自分の好きな時間に好きな場所で取引を行うことができます。

 

銀行ならではの低金利で、下限金利は5.0%で安心です。

無理なく無駄なく利用可能でインターネットからいますぐ申し込みすることも可能です。

じぶん銀行の口座をお持ちの方は、最短でその日に融資が可能ですので急いでいる際には非常に助かります。

 

パート勤務、アルバイト勤務の方はもちろん、学生さん、主婦の方でも利用は可能です。

限度額は500万円になっていますが、学生さんは上限10万円、主婦の方は30万円と定められています。

そのため余分な借り入れをする心配がなく、計画的に利用することもでき安心感があります。

契約は1年間となっていますので、翌年以降も利用の場合には再度審査が必要です。

 

続きを読む≫ 2012/05/20 22:17:20